集会の進め方

集会の進め方(2時間位の集まり)

進め方

 

気をつけること

気を付けること
聖書100週間はグループで聖書を読んで感想を話、互いに聴き合い、祈り合う聖書を読み進めていきますから、参加者一人一人が共同体の一致のため互いを尊重しあうことが求められます。
  1. 参加者の発言の批判や評価を避ける。褒めることも人との比較になります。誰もが安心して参加できる雰囲気が大切です。
  2. 各人が発言時間を3分を守る。
  3. 聖書の知識の発表の場ではなく、謙虚なこころで聖書と仲間からみことばを聴く。

司祭、指導者・奉仕者の役割と注意事項

  1. 参加者が落ち着いて感想を発表できるように気を配ることは指導者・奉仕者の役割です。
  2. 感想を述べる人の名前をよんで発言を求める。始めは慣れない人に無理に発言を求めず読み進んで行くうちに発言するようになりますから、それまで待ちましょう。
  3. 司祭や奉仕者など指導者は講義する人でなく、自分も参加者の一員として聖書を読み進み、分かち合います。

 

教会共同体とのつながり

教会共同体とのつながり
「聖書100週間」は共同体のなかで、信者が信徒を育て、深めるための一つの道です。
教会共同体と離れた存在ではなく、共同体の中で共に歩むグループです。
共同体のミサの中で告げられる”みことば”を共に聴き、教会の典礼への理解を深め、
新しい光に照らされた共同体として、共に信仰を宣言し、共に秘跡を受けて
キリストにおいて一つに結ばれるのです。